南国フルーツBEST10
お問い合わせリンク南国フルーツBEST10

ドラゴンフルーツ

想像上の生き物である竜は、力強いイメージを持つことなどからさまざまな植物や動物の名前の由来になっています。
ドラゴンフルーツもそういった竜に由来する名前が付けられた南国フルーツです。ここでは、ドラゴンフルーツの特徴や食べ方などの情報を紹介していきます。

ドラゴンフルーツとは

ドラゴンフルーツは、見た目が竜の鱗で覆われているように見えることから名付けられた南国フルーツです。ドラゴンフルーツは、サンカクサボテンに生る果実で「ピタヤ」とも呼ばれています。甘酸っぱい味わいと、果汁のジューシーさが魅力の一つとなっています。

ドラゴンフルーツの特徴

ドラゴンフルーツの特徴は、その名の通り竜の鱗のような果皮に覆われていることが最初に挙げられます。包丁を入れて切り分けると、中には黒ゴマのような種子と果肉が詰まっていることが判ります。この果肉は、まるでゼリーやアロエのような質感を持っていてサンカクサボテンの種類ごとに果肉の色が異なるという性質を持っています。スプーンなどで果肉を掬い取ると、シャーベットやアイスクリームを食べているような気持ちになります。ドラゴンフルーツの特徴は、見た目の厳めしさに隠されたその美しさにあります。

ドラゴンフルーツの分類

ドラゴンフルーツは果皮と果肉の色によって分類されています。本来、「ドラゴンフルーツ」という名称は赤い果皮と白い果肉を持つ「白肉種」を指すものでしたが、消費者に判りやすいように赤いピタヤ以外のものもドラゴンフルーツと呼ぶようになっています。他にも果皮が黄色い「黄皮白肉種」、果肉が赤い「赤肉種」、赤肉種と白肉種を交配した「桃肉種」などがあります。白肉種は酸味があってさっぱりとした味わい、赤肉種は甘みが強いというように果肉の色によって風味が異なってきます。

ドラゴンフルーツの食べ方

ドラゴンフルーツの一般的な食べ方としては、二等分してスプーンで掬い取って食べる方法と、四等分して果肉を一口大に切り分ける方法があります。他にもバナナのように上から果皮を剥いて食べる方法や、ヨーグルトやアイスクリームに混ぜて食べる方法などがあります。

ドラゴンフルーツの効能

ドラゴンフルーツが注目を浴びるようになったのは、その成分と効能にあります。ドラゴンフルーツには、カリウム・マグネシウム・葉酸といった身体に必要な栄養素が豊富に含まれているのです。カリウムは塩分濃度を調整する働きがあり、マグネシウムには高血圧を防ぐ働き、葉酸は細胞合成の必須成分と現代人に不足しがちな栄養素が詰まっています。特に葉酸は女性の美容にも効果があるため、美肌のためのフルーツともいえます。しかし、マグネシウムの取りすぎは下痢を引き起こす恐れがあるので食べ過ぎには注意しましょう。

ドラゴンフルーツの栽培

ドラゴンフルーツは大雑把に言えば「サボテンになる果実」なので、家庭でも栽培することが出来ます。果実に入っている種子からも育てられますが、結実するようになるまで多大な時間がかかるので、普通のサボテンと同じく苗から育てた方が育てやすいといえます。サンカクサボテンは元々乾燥した土壌で生育している植物で栄養を与えすぎると結実しにくくなるので、肥料や水の量を抑える必要があります。また、サンカクサボテンの自立性はあまりよくないので支柱を立てておく必要があります。

フルーツ
<a href="http://www.s-fruits.net/" target="_blank"><img src="http://www.s-fruits.net/img/banner.gif" alt="フルーツ" width="88" height="31" border="0"></a>

南国フルーツBEST10

<a href="http://www.s-fruits.net/" target="_blank">南国フルーツBEST10</a>

広告掲載