南国フルーツBEST10
お問い合わせリンク南国フルーツBEST10

マンゴー

マンゴーは、ごく最近になって注目を浴びるようになった南国フルーツです。1990年代後半からの海外産マンゴーの輸入解禁に始まり、2007年に就任した東国原英夫宮崎県知事の宣伝活動などがあって、マンゴーはその認知度を今も高めています。ここではマンゴーの魅力について解説していきます。

マンゴーを美味しく食べる

マンゴーはウルシ科に属する植物で、インドから東南アジアにかけての地域を原産地とする南国フルーツです。現在でも、東南アジアでの生産が盛んに行なわれています。特に中華料理ではマンゴープリンなどデザートの材料として用いられていて、根強い人気を誇っています。

マンゴーの特徴

マンゴーは、花の強烈な匂いとオレンジ色のクリーミーな果肉が最大の特徴といえます。マンゴーの花はハエの助けを借りて受粉を行なうため、ハエが好む匂いを出す性質があります。マンゴーの果肉は、ねっとりとした食感があり濃厚でしつこさのない甘味を持っています。しかし、マンゴーはウルシ科の植物のため果汁などにもかぶれを引き起こすウルシオールという成分が含まれています。そのため、人によっては口や手がかぶれてしまうことがあるのでかぶれやすい体質の人は気をつけましょう。

日本におけるマンゴー

日本では、沖縄や宮崎など温暖な地域でのマンゴー栽培が盛んに行なわれています。日本でのマンゴー栽培の特徴は、露地栽培よりもビニールハウス栽培の方が盛んということが言えます。多湿で雨が多い日本では、ビニールハウスの方がマンゴーの受粉が確実に行えるという気候的な問題があるためです。マンゴー生産で特に有名な宮崎県は、地域ブランドの確立を積極的に行なっていることで高品質のマンゴーの普及を進めています。

完熟マンゴーとは

高級食材として知られる完熟マンゴーは、完熟して自然に落樹したマンゴーの果実を地面に付く前に網で受け止めたものです。市場に出回っている果物の中には、未熟な内に収穫して出荷するものもありますが、完熟マンゴーは充分に熟成した状態で出荷されるため賞味期限が短いものの、円熟した甘さを味わえるという特徴を備えています。一方、海外では未熟なマンゴーも食材やスパイスに使うことがあり、一概に完熟が良いとは言い切れないようです。

マンゴーの食べ方

マンゴー独特の食べ方として知られているのが、「花切り」です。花切りは、魚を三枚に下ろすようにしてマンゴーを切り、種のある真ん中を取り除きます。両側の果肉に格子状の切れ目を入れて果皮を果肉側に押し込むようにすると花が咲くように果肉が盛り上がるのです。

栽培方法

マンゴーは、観葉植物として楽しむ自家栽培にも適した植物といえます。食用に適した実を付けるには適切な温度管理が必要ですが、室内で育てる分には問題の少ない植物といえます。マンゴーの栽培には、苗か果実から採取した種を使います。マンゴーの種は固い殻に覆われているので、種を傷つけないようにハサミで切り開く必要があります。マンゴーの生長に最適な温度は20℃以上で、15℃を下回ると生長が止まってしまうので暖かい場所で育てるようにしましょう。

フルーツ
<a href="http://www.s-fruits.net/" target="_blank"><img src="http://www.s-fruits.net/img/banner.gif" alt="フルーツ" width="88" height="31" border="0"></a>

南国フルーツBEST10

<a href="http://www.s-fruits.net/" target="_blank">南国フルーツBEST10</a>

広告掲載